聖光学院中学の2016年の算数の試験の傾向

"2016年の聖光学院中学の算数の試験の概要
2016年の聖光学院中学の算数の出題については、通例通りのスタイルとなりました。通例大問5問というスタイルが続いています。特に平面図形と数の規則性については必ず出題されます。

2016年の聖光学院中学の算数の試験の問題見る計算問題の傾向
大問1で出題された計算問題ですが、小数点付きの数字と分数が混在し、式中の四角の部分を解答するという問題で、方程式のような概念が必要でした。毎年この傾向が続いています。

2016年の聖光学院中学の算数の試験の問題見る規則性の問題の傾向
2016年の規則性の問題を参照すると、数字の羅列に規則性を発見するというものでした。本校を受験する場合は2進数や8進数などについて理解しておいた方が良い傾向にあります。

2016年の聖光学院中学の算数の試験の問題見る速さの問題の傾向
2016年の速さに関する問題は出題文が長いのが特徴です。長い出題文を根気よく理解する必要があります。

2016年の聖光学院中学の算数の試験の問題見る図形の問題の傾向
2016年では三角形に関する問題が出題されました。毎年、図形問題は難しい傾向で、獣うなんな発想力が必要です。2016年の場合は、求める面積が平行四辺形になっていることを発見できれば解ける問題でした。"